うちごはん ときどき そとごはん

ごはん を紹介するだけのブログではなく、 日常のちょっとした“いいな”を綴るブログです

北朝鮮ミサイル通過、日常の平穏について感じたこと

明日、地球が滅びようとも 今日、私はリンゴの木を植える

 

私はいま、早朝ウォーキングをしているのですが

 

本日支度中に警報音が鳴り

 

地震か?

 

と身構えて見てみると

 

北朝鮮からミサイル…。

 

え、避難?地下なんてこの田舎にない。地下鉄もない。頑丈な建物もないから…。

 

日頃防災意識は持っている方なのですが、想定外。

 

避難場所は知ってるけど、むしろ屋外でダメだよね。

 

そういえば、国会議事堂にはすごい地下壕があるって都市伝説があったような…。

 

結局、何事もなかったので日常に戻れましたが。

 

まぁ、大丈夫みたいだし。

 

と、今日も歩いていると、

 

夏の日差しも和らぎ、涼しい風に心地よさを感じ

 

田んぼの稲穂が頭をたらし初めている。

 

小川は心地よい水音。

 

農家の方々が昨日とかわらない、今日のお勤めをしている姿。

 

子どもの頃から ず~っとず~っと見ている景色。

 

でも、ミサイルここに 今日落ちたかもしれないんだな…。

 

なんか、そのギャップに、理不尽さに、泣けてきた。

 

あれだな、

 

明日、地球が滅びようとも 今日、私はリンゴの木を植える(マルチン・ルター/1944年ドイツ)

 

元々このセリフの奥の深さに、哲学とか難しい事はそれほど感銘をうけないのですが

 

すごく、こう、考える言葉で、折に触れて思い出す言葉なのですが

 

本当にこの言葉が問われる日ってあってはいけないって事なんじゃないかな…。

 

仮定での話しじゃなきゃ、ダメなんだよ。



って、なんか、人には言えないくらい

 

ちょっと語りに入ってますが

 

ブログだから、言える事。

 

そして、数少ない(笑)私のブログ訪問者様にも

 

何か共感してもらえたらな~。って思いました。



今日の私の結論

 

ミサイルつくるなら、米つくれ!って事です。

 

 

最後までご愛読ありがとうございました。

ポチッとお願いできますか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

保存